型落ちの中古携帯を購入して格安スマホデビュー

2015年現在日本人の半数以上がスマートフォンを使っていますが、一人平均のスマートフォン利用料金(通話とデータ通信)は7千円を超える事が多く、負担になってしまっている事があります。



それを解決してくれるのが格安simを提供しているmvnoの商品であり、型落ちの中古携帯(通称白ロム)をオークション等で購入すれば驚くほど低価格な料金で毎月利用できるようになります。
型落ちの中古携帯と言っても発売してから1〜2年しか経過していない端末はパソコン並みの高スペックですので、動きの激しいゲームは問題無く使えますし画質の高い写真や映像も撮る事が出来ます。



高スペック端末は3万円以上しますが、低スペックでも全く使用に困らない場合は1万円前後の型落ち端末を購入しても良いでしょう。
なお、通話とデータ通信は大手携帯電話会社が提供している物と同等であり、080や090から始まる番号通話に関しては無料通信分が無いのでIP電話や無料通話アプリを活用して料金を節約する事をお勧めします。


データ通信は基本料金が1000円前後で提供している会社が多く、さらに低価格で利用したい場合は低速通信のみ利用できるプランを提供している会社を選ぶと良いでしょう。



mvnoを使う際の注意点としては、中古携帯に挿す必要があるsimカードの契約はユーザー個人が行わなければいけませんが、その際に3種類のカードの中から端末に合ったカードを選ぶ必要があります。



中古携帯は、今では、町中のアウトレットショップやネット通販でよく見かけるようになりました。

キャリアの携帯を使っている方は、自分には関係ないと言う方もいると思います。


しかし、この中古携帯ですが、FOMAに限って言えば非常に便利なものです。

これは、キャリアでの契約を前提の話ですが、高齢者の場合は、ガラケーFOMAを使っている人も多いはずです。

このガラケーは、キャリアで買い換えるとかなりの機種料金がします。



保険に入っていた場合でも数千円程度のお金は払うことになるしその保険も年間に使える回数の制限もあります。
なにかのひょうしでこのガラケーFOMA機種が壊れたとします。

よくあるケースだと液晶が割れてしまったりとあります。
その際ですが、当然使い続けるはずですから、キャリアに持っていって新しい機種を購入しようとすると驚くような値段がするときが多いです。
その際にこの中古携帯があると、FOMAの場合は、FOMAカードをその中古携帯に差し替えるだけで、使えるのです。



特に高齢者で携帯は、放すだけという方にとっては、特に最新機種とかデザインなどこだわっていないはずですから、中古携帯で安く購入してFOMAカードを壊れた機種から取り出して使えかえれば経済的に機種交換ができます。



キャリアで最新の機種を高い値段で購入する必要がないわけです。



FOMAカードは、電池のところに差し込んであるもので水濡れ意外の故障では、使えるはずで、誰でも簡単に交換できます。

関連リンク

型落ちの中古携帯を購入して格安スマホデビュー

2015年現在日本人の半数以上がスマートフォンを使っていますが、一人平均のスマートフォン利用料金(通話とデータ通信)は7千円を超える事が多く、負担になってしまっている事があります。それを解決してくれるのが格安simを提供しているmvnoの商品であり、型落ちの中古携帯(通称白ロム)をオークション等で購入すれば驚くほど低価格な料金で毎月利用できるようになります。...

more

中古携帯のメリットとトラブルについて

販売価格が安いからという理由で、新品ではなく、中古携帯を買う人は少なくありません。最近は特に機能的な進歩も乏しくなっている状況でもあるので、新品を買っても特別に目新しい付加価値がないのであれば、中古携帯を買ったほうがお得だと感じる人が多いようです。...

more