中古携帯を活用して節約にチャレンジ

2015年時点の日本における携帯電話はスマートフォンの所有台数の方が上回っていますが、スマートフォンと言えばどうしても通話と通信費用が高いイメージついてしまっていて手を出しにくいといったイメージがあります。


6千円〜8千円程度が一般的なスマートフォン(キャリアと呼ばれる3大携帯電話会社)で契約がしにくい場合は、中古携帯電話を購入してみると大幅な節約が可能となっているのでチャレンジしてみる価値があります。

その方法とはsimフリーのスマートフォンの中古携帯電話を購入する事とsimカードを購入するやり方であり、スマートフォンは数年前の型落ちタイプなら新発売時の半分以下の価格でオークション等で購入する事が可能で、simカードは大手ネット通販サイトや家電量販店で手に入れられます。

なお、中古携帯電話を購入する際は赤ロムと呼ばれる使用不可能な端末がわずかに出回っている可能性がありますので、オークションで購入する場合は必ず携帯電話製造番号を問い合わせておく事をおすすめします。simカード購入時の注意点としては、カードの種類が3種類ありますので自分が使う予定のカードサイズを必ず確認しておかなければなりません。

この確認を怠ってしまうとカード交換手数料が掛かりますので注意しましょう。

無事に中古携帯とカードを購入した後は、カードをMVNOと呼ばれる業者と契約するとデータ通信や通話が可能となります。


データ通信と通話が出来るタイプでは2千円以下で利用可能なプランもありますので自分に合ったプランを見つけてみて下さい。スマートフォンなどの携帯電話を購入するときに、普通に購入する場合はキャリアから購入するのが最も安価な購入方法と言えます。


キャリア以外にも購入することが出来る方法あり、単品での購入をすることができるのですが、この方法は結構高額な値段がするので、なかなか購入することができません。

なので、中古携帯ショップを利用して中古のスマートフォンを購入すると非常に安く手に入れることができます。


中古のスマートフォンの販売価格は結構安い値段で購入することができるのですが、1、2年前のものだと単品価格の3分の1くらいの値段で購入することができるのです。また、このようなものを白ロムといい、キャリア契約していないスマートフォンの事を言います。この白ロムのスマートフォンは中古携帯ショップで購入することができるのですが、近場にこのようなお店がないのであれば中古携帯ショップのオンラインショップを利用するといいでしょう。

オンラインショップでは、パソコンやスマートフォンを利用して利用することができるので、近場にお店がない人でも気軽に利用することができるのです。

通販で購入することができるスマートフォンの人気メーカーの物から、海外から並行輸入した人気モデルなどもあります。
これもかなり安価な価格購入することができ、それぞれの本体の状態により価格が異なるのです。

状態がいいものほど高く販売しているのですが、キズや汚れのあるものは安く販売しているという特徴があります。

ヒートポンプの総合案内サイトです。









http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150304_F5

http://okwave.jp/qa/q5064664.html

http://itlife.oshiete.goo.ne.jp/

関連リンク

型落ちの中古携帯を購入して格安スマホデビュー

2015年現在日本人の半数以上がスマートフォンを使っていますが、一人平均のスマートフォン利用料金(通話とデータ通信)は7千円を超える事が多く、負担になってしまっている事があります。それを解決してくれるのが格安simを提供しているmvnoの商品であり、型落ちの中古携帯(通称白ロム)をオークション等で購入すれば驚くほど低価格な料金で毎月利用できるようになります。...

more

中古携帯のメリットとトラブルについて

販売価格が安いからという理由で、新品ではなく、中古携帯を買う人は少なくありません。最近は特に機能的な進歩も乏しくなっている状況でもあるので、新品を買っても特別に目新しい付加価値がないのであれば、中古携帯を買ったほうがお得だと感じる人が多いようです。...

more