通信費の節約は中古携帯の活用が一番です

多くの家庭で使われているスマートフォンは通信費用が高い点がネックになっており、毎月の家計費に占める割合が高くなっています。


大人数の家族の場合はその負担が更に増してしまうのでなるべく節約したい所ですが、すぐにでも出来るのが中古携帯を活用する事です。
中古携帯と言っても状態が良ければ新品同様で販売されている物もあり、スペックが高い物であれば快適にゲームやネットサーフィンを楽しむ事が出来ます。



中古携帯はリサイクルショップやオークションで買えますが、画面や縁に傷が入っている場合もありますので事前に店舗や出品者に状態を確認させてもらう事でトラブルを防ぐ事が出来ます。

最近では赤ロム(使用不可能端末)の提供が出来ないように製造端末番号を公開している事が多いので、これも確認しておくと良いでしょう(番号を確認できる専用サイトがあります)。



中古携帯を購入しただけではネットや通話が出来ませんのでsimカード(3種類あります)を購入する必要がありますが、通話とデータ通信が出来るタイプとデータ通信のみが出来るタイプに分かれていますので、自分が使う予定の商品を間違わずに購入するようにしましょう。



3千円前後の事務手数料を払った後は毎月の通話基本料やデータ通信基本料等を払うだけで済みますので、2千円前後での運用が可能となります(オプション代金は別途必要)。



通話料に関しては無料通話分が無い通信会社がほとんどですので、通話アプリを有効活用して通話料を節約する事も大切です。

スマートフォンが増えて世の中の携帯電話は変わりつつあります。



携帯電話は日々なくてはならない物の一つと言えます。ですが以前のような携帯電話であるフィーチャーフォンが無くなったわけではありません。



ですが新商品の種類が減るなどメーカーが規模を縮小しているのは事実です。


またフィーチャーフォンの部品の供給が困難になってきているため、スマートフォンと従来のフィーチャーフォンを組み合わせた携帯電話が発売されています。



便利性を高めたように見えますがメーカーにとってもメリットが存在するシステムなのです。



しかし、電話だけ使えればいいという人がフィーチャーフォンを使いたいという人が多いのです。だから中古携帯市場が活性化をしています。中古携帯なら種類が多いので便利です。
当然ながらスマートフォンなども含めて中古携帯の取引が多く行われているのです。
スマートフォンは高価な機器です。

そのため高価になっています。


分割払いをしている場合が多いことや、携帯会社の援助が大きいため表面上には実感がわかないことが多いのですが総額ではパソコンより高い場合も多々あります。

小さくて高性能である以上高額なのは当然なのです。格安SIMと呼ばれるものが普及してきたことによりスマートフォンを二台持つという人も増えてきました。


そんな時に便利なのが、中古携帯ということになります。中古携帯なら安価にまだまだ使えるスマートフォンが入手できるのです。

関連リンク

型落ちの中古携帯を購入して格安スマホデビュー

2015年現在日本人の半数以上がスマートフォンを使っていますが、一人平均のスマートフォン利用料金(通話とデータ通信)は7千円を超える事が多く、負担になってしまっている事があります。それを解決してくれるのが格安simを提供しているmvnoの商品であり、型落ちの中古携帯(通称白ロム)をオークション等で購入すれば驚くほど低価格な料金で毎月利用できるようになります。...

more

中古携帯のメリットとトラブルについて

販売価格が安いからという理由で、新品ではなく、中古携帯を買う人は少なくありません。最近は特に機能的な進歩も乏しくなっている状況でもあるので、新品を買っても特別に目新しい付加価値がないのであれば、中古携帯を買ったほうがお得だと感じる人が多いようです。...

more