ガラケーは中古携帯で人気

ガラケーは中古携帯で人気があります。
新品はほとんどがスマートフォンですが、ガラケーにも根強く人気があり、従来の使い方のほうがいいというユーザーを取り込んでいます。



スマートフォンの普及により、ガラケーの選択肢がかなり狭くなっていますが、中古携帯はかつての人気機種や、生産終了となった端末など数多く取り揃えて販売を行っている店舗が多く、とくにガラケーを使いつづけたいという利用者のニーズを的確に捉えています。

中古携帯は手元にある契約SIMを差し替えるだけで利用できることが多い気軽さから、若者や外国の方などがよく利用されています。海外ではSIMカードは自動販売機で売られていたりしますが、日本では端末とセットで販売をされるため、SIMは不要だけど携帯電話が欲しいというニーズは中古携帯のほうが向いています。


価格は高いものは5万円を超えるものもありますが、安いところでは1000円台から販売されている店舗もあり、安価なので気にせず気軽に購入できるのがメリットです。



きれいにしてから店舗に陳列しているので、最初は中古携帯とは思えない見栄えで、ガラケーはほとんどが折りたたみ式の場合は開いて陳列されているので、見た目も新品と遜色のない状態で安心安全に購入することができるものです。

ガラケー人気はまだまだ続くでしょうし、キャリアからも発売されていますが、絶対量は中古のほうが多いし過去の人気機種を見つけると懐かしさも手伝って楽しい買い物ができます。
携帯電話の購入となるとひと昔前のように安くで端末が手に入るかと言えばそうではなくなっています。



一番最新の端末を購入しようと思うと、一台5万円以上は軽くします。



ここでの選択肢として出てくるのは一括払いか分割払いになります。


分割の場合期間を選べますが、一つのローンを組んだ事になります。


そしてその支払いが終わらない限り中々新しい端末の購入に踏み切れなくなってしまいます。


色々な端末に乗り換えて楽しみたい方はひとつ前の型で値段が下がったものを狙うか、中古携帯を購入するかになります。


一部の携帯ショップでも中古携帯を販売しているところはありますが、主に家電量販店や古本屋、インターネット上で個人でのやりとりをしている方もいらっしゃいます。



中古携帯は端末の状態にもよりますがとにかく安いです。
そして以外に状態が良い物も多く取り揃えられています。



また過去のモデルで珍しい形や機能を備えている端末に出会う事が出来るかもしれません。


気になっていたけど買いそびれてしまい、そのまま市場から消えてしまったものが安くで手に入るチャンスです。

中古で購入しているので中には壊れやすいものもあります。



ただしローンが残るわけではないので壊れてしまったらまた安い端末を購入しようという気軽な気持ちで楽しむことができる所が最大のメリットではないでしょうか。

時と場合によっては安く手に入れ二台持ちをして使い分ける事も出来たりします。

そして状態が良ければまた買い取ってくれる所もあります。



関連リンク

型落ちの中古携帯を購入して格安スマホデビュー

2015年現在日本人の半数以上がスマートフォンを使っていますが、一人平均のスマートフォン利用料金(通話とデータ通信)は7千円を超える事が多く、負担になってしまっている事があります。それを解決してくれるのが格安simを提供しているmvnoの商品であり、型落ちの中古携帯(通称白ロム)をオークション等で購入すれば驚くほど低価格な料金で毎月利用できるようになります。...

more

中古携帯のメリットとトラブルについて

販売価格が安いからという理由で、新品ではなく、中古携帯を買う人は少なくありません。最近は特に機能的な進歩も乏しくなっている状況でもあるので、新品を買っても特別に目新しい付加価値がないのであれば、中古携帯を買ったほうがお得だと感じる人が多いようです。...

more